コンタクトレンズは正しく安全に使う

6月 29 2014

コンタクトレンズを利用する時、軽い気持ちで使っている人は気を付けないといけません。コンタクトレンズは高度管理医療機器と呼ばれ安全に使うことが前提となっています。安全に使わないと眼の病気になるだけではなく、最悪の場合は失明する可能性もあるという事です。コンタクトレンズ協会でも注意書きとして明示されていますのでコンタクトレンズを使ことに危機感を忘れてしまっていた人はもう一度安全に使う事を確かめてみましょう。

コンタクトレンズはまずは衛生面に気を付けないといけません。コンタクトレンズの衛生面だけでなく、取り付けるときの指についても気を付けましょう。手を洗っていない状態でコンタクトレンズを直接取り付けると眼に指に付着していた汚れが入り込むことになります。眼はこれだけでも病気になりますのでまずは手洗いを気を付けてみてください。

また使用期限を過ぎたコンタクトレンズは使ってはいけません。汚れが取れなくなり、眼を傷つける原因になります。少しくらいなら大丈夫と思っていると取り返しのつかないことになりかねませんので使用期限には注意してください。

コンタクトレンズはとにかく清潔に保つことと正しい使い方をすることが大切です。注意事項は守って使っていくように気を付けましょう。

|

No responses yet

Leave a Reply