Archive for 4月, 2014

当時の人には想像も付かない電報システム?

4月 28 2014 Published by under サービス

結婚式や誕生日など、派手やかなお祝いごとなら“ぬいぐるみ電報”で、可愛いらしさを付加したメッセージを送るというのはどうでしょうか?

“電報”と“ぬいぐるみ”のマッチングって・・・どうなのか?と首をかしげたくなる方もおいでになるとは思いますが、ウエディング電報ならピッタリ。

部屋に飾っても邪魔にはならず、新郎と新婦を模したペアのぬいぐるみは、見る人の心を和ませてくれるはずです。

料金はキャラクターの知名度や人気度によって異なりますが、たとえば、ミッフィーなら約6000円~約11000円。

ぬいぐるみとバルーンを組み合わせたお祝い電報も豪華で愉しい喜びのメッセージとなるかもしれません。

こんな電報、一昔前では考えられなかったでしょう。

そもそも、電報は、当初電信ともいわれ、通信内容を伝送し、紙に印刷して配達するサービスでした。

電報は、モールス信号の発明者であるS.F.B.モースが作成した電信機をもとに、アメリカ政府機関、報道や鉄道機関で普及し、それが民間にも波及し生活の中に根付いていったようです。

日本における電報のはじまりは、1870年に東京と横浜の間で国内電報がはじまり、1871年に、長崎と上海・長崎とウラジオストク間での国際電報が開始されたそうです。

それが今では、ぬいぐるみやバルーンなどと一緒にメッセージを送る手段になっているなんて当時の人には想像も付かなかったでしょう。

No responses yet